ありえない!

話の内容は!イソップ物語を想像させるような単純な内容になっています。。それぞれのキャラクターが善人ではないところがいいし、予想外のオチもいい。

こちらになります♪

2018年01月07日 ランキング上位商品↑

シリーズどうするどうするあなのなか (日本傑作絵本シリーズ) [ 木村裕一 ]

詳しくはこちら b y 楽 天

保育園で見つけて読んだらとても良かったので購入しました。わかりやすい本かと思います。子どもが食いつきます。図書館で借りてきて息子(小3)に読ませたら気に入ったようなので購入しました。絵もシンプルで良いです。その考えも面白いけど!最後のオチも最高でした!真剣に考え過ぎて脱出しているのに気付いていなくておかしいです。3歳くらいの早い段階でおすすめの本です。4歳の娘と6歳の息子が気にいってよく読んでいます。絵だけでいえばあまり好みではないのですが!本を縦長に使うこの迫力。絵もアジがあってとってもすてきですよありがちなお話なのかと思いながら読んでいましたが、以外な展開で楽しく読み聞かせられました。お勧めです!捕食する側の山猫と捕食される側のねずみがいっしょに穴に落ちてしまい、さあどうしようというお話なのですが、このちょっぴりブラックユーモアのきいたスパイスがお話の展開をより面白くしていると思います。「だめだ。絵本がたてにひらくタイプで、このくらいの年代の子供の本にしては珍しいのかと思いました。レビューを呼んだたら楽しそうなので、読むのが楽しみです。後から補足して理解できたようですが、娘にはいまいちだったようです。絵本の発想がおもしろいです。『あらしのよるに』の作者です。」など!読んでいても読み終わっても楽しい本です。子どもに読み聞かせをするのにとてもよかったです。縦に読むのが読みづらいけど新鮮です。穴に落ちてしまった、ねずみと猫の話。多分、私木村さんの作品が好きなんだ・・・レビューがよかったので購入しました。結末は笑ってしまいました。たべられちゃうよ。なんか気持ちがほっこりします。読書ボランティアで読む予定です。敵と味方が同じ穴の中にはまってしまいましたが、脱出するために協力するというお話です。面白いです。色の使い方もシンプルです。2年生の娘の学校での!読み聞かせのために購入しました。お話はねずみとネコの駆け引き!でも、ほのぼのしているし、読んでいるコチラも どうしたらいいかなぁ〜?なんて考えながら見るのが楽しいです。楽しみです。よく最後のオチでがっかりさせられるものもありますが!この本は最後まで楽しく読めました。二人の子供たちもすごく気に入ってくれました。息子は縦に長く開くのがお気に入りみたい。お話もいいし!縦長に開くこの本は!穴の深さがすごく伝わってきます。図書館で借りた本を子どもが気に入り、購入。絵もおもしろいしスピード感あるお話です。二匹の猫とそれに追われて逃げるねずみたちがみんな深い穴の中に落ちてしまった!とりあえず穴から出なくちゃ、というわけでみんなで力をあわせることになりどうやって脱出するかを相談しあうのですが、猫たちには下心アリ、ねずみたちは食べられちゃマズいのでなかなか決まらない・・・・そのやり取りが楽しいです。」、「いつまで相談してるのかなあ。どうやって外に脱出するかを考えます。小学校低学年の読み聞かせボランティアでも使えそうです。大人の私が読んでおもしろい本だと思いましたが!7歳の娘はまだ想像力が足りないのか;;一番おもしろい部分に気づきませんでした。本が縦開きなのもめずらしくて新鮮です。子供って長いページの本とか!次のページに絵がつながっていたりとか!そういうのが好きですよね。