ひまわりの価格♪おじいちゃん

初めて読んだ時はじわーーと涙が溢れてきました。時もながら素早い配送に感謝です。最後の2,3ページはお家で読んでね・・・とのことで!子供に!内容が気になっているので買って欲しいと懇願されていました。

コチラです♪

2018年01月07日 ランキング上位商品↑

おじいちゃん ひまわり シリーズおじいちゃんのごくらくごくらく (ひまわりえほんシリーズ) [ 西本鶏介 ]

詳しくはこちら b y 楽 天

長谷川さんの笑いと死に対する時に優しく時に鋭い目線の絵本はもしかすると大人の方がより好きなのかもしれません。突然!子供が「おじいちゃんのごくらく」読みたいと言い出し!せっかくの機会にと購入。4歳の息子は大バアバの死を経験しているだけによく理解できるようでした。こどもは「ごくらくごくらく」という繰り返しが楽しくてお気に入りですが私は子供に読んでいる最中に泣いてしまいそうで読み聞かせには苦労する一冊でした。おじいちゃんの「ごくらごくらく」という言葉を!どんなときに思い!どんなときに活用できるのかなあと!私自身も考えさせられる作品でした。幼稚園児の我が子も同じようにおじいちゃんが大好きですが遠方でめったに会えません。今日届いたので、子供は嬉しそうにありがとうと言って自分の部屋に行ってしまいました。でもただ悲しいだけではなく、優しい気持ちになれる絵本なのでかなりお薦めです!長谷川義史さんの絵にとおすすめ度の高さに惹かれて購入したのですが、とてもよいお話でした。図書館で借りた本の中で!孫が何度も音読をせがんだ一冊だったので!購入しました。子供が1学期の終了間際に、夏休みに読むお勧めの本として先生が読んでくれたそうです。いつかこどももこの本の意味をわかる時がくるのでしょうか?図書館で借りた本だったのですが読み聞かせたら子供が泣いていました。おじいちゃんが大好きな孫のお話で、お母さん・お父さんともお風呂に入らない孫、おじいちゃんとのお風呂の時間が本当に素敵です。長谷川義史さんの絵にはまっていて『おへそのあな』や『おたんじょうびのひ』など集めています。5歳の娘が幼稚園の先生に読んでもらって気に入りました。なみだを誘われるこころ温まるすばらしい作品です。子どもは、このような出来事で悲しいという気持が、まだわかりませんが、今、いる周囲の方達といっぱい良い思い出を作れる時間を過ごしていってもらいたいな〜、と思いました。保育園の先生が教えてくれたので、購入しました。だからこそいつまでもいつまでもおじいちゃんおばあちゃんを大切に思う優しい子供に育って欲しいなとこの絵本を読んでつくづく思いました。おじいちゃんと約束していた温泉旅行に行けなくなり、その後初めての辛い別れを経験していくシーンは3歳の息子に読み聞かせしている私の方が涙が溢れてきて最後まで読み聞かせできるのかと思います。送料無料で助かりました。家族の愛情を学べる作品でした。思わず自分の大好きな祖父を思い出してしまいます。何とも言えないこの温かみのある絵がいいです。大人には、最後の展開は急すぎるように感じましたが、子供にはストレートで良かったようです。その後!ママ〜・・・子供は泣いています。購入しようと思ったところ、置いている本屋がなかなか見つからなかったのでネットで購入しました。私も最後のページは胸がつまり涙があふれました。大好きなおじいちゃんが病気で亡くなってしまうという絵本としてはシリアスな内容ですが!ほのぼのとした挿絵で!避けて通ることの出来ない人生の一ページを!幼児にも理解できる範囲でうまく扱っています。お勧めです。ストーリーも絵も優しくて。ごくらくごくらく、子供がお風呂に入る度に言うので、絵本の影響は凄いと感じます。7月に祖父を亡くした子供達に読み聞かせたいと思い購入しました。お年寄りをいたわる心を忘れてはいけないな〜と今更ながら実感しました。おじいちゃんとのお風呂での合言葉のような『ごくらくごくらく』と言う言葉がおじいちゃんの存在が心に生き続けるのだというお話で本当に!私がお気に入りの1冊となりました。図書館で以前借りたことがある絵本です。夜に子供に読み聞かせをしました。お風呂でごくらくごくらくゴッコをパパとしていました。子供も祖父母を大切にしないと…という気持ちになったようで、よい影響を与えてくれる本に出会ったなと感じました。涙なしにはどうしても最後まで読めません。読み合わせ会で子供が気に入ったので購入、毎晩読んでます。。おじいちゃんと男の子の孫がちびまるこちゃんとおじいちゃんの関係のように仲が良く!ずっと一緒に居られると思っていただろうに突然のお別れ・・・。読むのがちょっと大変に感じますが!毎回工夫して読んでます。生と死のくだりを説明するのがちょっと苦労しましたが、仏の国をやっと理解してくれた様子です。子供もひいおばあちゃんを亡くしたばかりなので人が亡くなるということを少し理解でき、この絵本を通じてさらに何かを感じたようです。ママも!泣いているの?・・・とてもせつなくて!そして優しいお話だと思いました。が!読み聞かせている私が最後に泣きそうになってしまいました。おじいちゃんを大事にするそうです。購入してよかったです。